読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

x31hook's blog

何の考えもなくフリッカーアカウントを削除したせいで古い記事の写真がありません。あしからず。

高田純次『適当論』

適当論
適当論高田 純次

ソフトバンククリエイティブ 2006-03-16
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自慢するわけじゃないけど、なかなか「いい加減」になれない。勿論、良い意味でも悪い意味でも。ということで、高田純次には憧れを持っている。印象としては、「どうしようもない人だ」と思っていた。しかしそれがまた魅力なのだけれど。


出たばかりのソフトバンク新書っていうのも買った理由のひとつ。持ってみると普通の新書よりも幅が狭い気がしたが、今朝比べてみたら一緒だった。印象の問題。


さて、本題に。まず、著者が高田純次っていうのはちょっと違うなぁと思ったり。「シゾフレ/メランコ」 でおなじみの精神科医の和田秀樹が半分くらい書いている。高田純次の言動と、それに対する分析といった体で。高田純次本人は「論」を展開しようという気は毛頭無いわけで、それを和田秀樹がまとめている。


本人の発言は非常に面白く、思わず笑ってしまうものが多い。機会があれば扉を開いて序文を読んでみて欲しい。ひっくりかえるから。