読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

x31hook's blog

何の考えもなくフリッカーアカウントを削除したせいで古い記事の写真がありません。あしからず。

引越その後

マンションから戸建てに引っ越して、早いものでもう2ヶ月以上。色々と気付くことも増えてきたので自分用メモとしての側面からエントリー。(今後引越を考えている人の参考になればよいのですが。)




  generated by feedpath

まず、人間はすぐに慣れる(良い意味でも悪い意味でも)と感じる。違和感を感じていたのは数日だけで、今はなんだかずっとココに住んでいたような気がしている。以前に住んでいたマンションの近くを通ると、「うわー、懐かしいな」なんて言ってしまう。さらにこの退去のチェックに行った時に、家具の無くなった部屋を見たら何だか愕然としてしまった、「古さ」と「狭さ」に。住んでいるときにはそれなりに快適に感じていたのにも関わらず。

今までは仮住まいで、これからは終の棲家(先は長いけど、一応)という感覚があるのでこれまでと違う感情を持つこともある。まずはやっぱり隣近所が気になる。結構長いこと付き合っていかなければならないわけで、いろんな人がいるんだろうし怖いなぁなんて思っていたのだけれど。最初に全戸挨拶に行ったとき、殆どの人が好印象だったので安心はしている。しかし、殆ど交流が無いため忘れつつある人の方が多くて困っている。地図や何やに書き込むべきである。

そう言えば最初に挨拶に行った時、勿論不在の家もあるわけで、後日改めて訪問するようにしていたが、どう考えてもお菓子が一個余っている=行っていない家がある、のだが、緊張しながら回っていた+方向音痴+誰が誰かわからない+16軒もある・・・=行っていない家が全然わからない、と言う結果になってしまった。

結局は、ものすごく考えて記憶を穿り出して、一か八かで訪問してみたらbingoだったので助かった。しかし先日近所ですれ違った誰かに挨拶をされたが、全く誰かわからない。一瞬だった所為も有るけど。当たり前のことだが、向こうはウチの家族2人だけを覚えればよいのに対して、こちらは少なくとも32人覚えないといけない・・・。

各部屋にコンセントが二箇所以上あるので、これまでタコアシにタコアシを重ねてきた延長コードが余ってしまった。しかし、コンセントの位置を事前に変更できたにも関わらず、どこに家具を置くか不明、と言う理由で丸投げしてしまったのはある程度反省している。

よく考えてみたら、事前に置き場所を決めていたのは一部の大きい家具だけで、残りは引越当日に行き当たりばったりで指示して後で直したんだった。もう少し決めておけばよかったのかもしれないけど、引越前はバタバタで本当に大変だった。時間的余裕が無かった。勿体無いなと思うのはもっと写真を撮るべきだった。旧マンションに山積のダンボールとか、そういうのを。

ということで、日記や写真や何やかやがなく、ずぼっと抜け落ちていた引越のアレコレを書いてみたら何だか結構書けそうなので、続きはまた後日に。