読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

x31hook's blog

何の考えもなくフリッカーアカウントを削除したせいで古い記事の写真がありません。あしからず。

カラマーゾフ・ショック


本タイトル: カラマーゾフの兄弟1

コメント:
あまりにもタイムリーだったのでエントリー。

先日から新潮文庫版の「カラマーゾフの兄弟」を読んでいる。ドストエフスキーは「罪と罰」に続いて二作目なのだが、双方ともスロースタート。(外国の小説は比較的読まない。ロシア人の名前を覚えるのが大変。あだ名で呼ぶな!)

今回もやっとエンジンがかかり始めてきたところであった。今朝ふと新聞の広告を見たら、新訳版(ここで紹介してるほう)が載っている・・・。

実際にコチラを見たわけではないので、どちらが良いとは言えないのだが、かつて学生時代に哲学を学んでいたとき、古い難解な訳に苦労した身としては、新訳が気になる。こういう本こそ「なか見検索」が出来るようにするべきではないだろうか。

以下、参考までにアマゾンのレビュー。やっぱり訳は難しいんだ・・・。




出版社/著者からの内容紹介
世界最高の小説は何か。候補の筆頭につねに上げられるのが、この作品だ。だが、日本では同時に、翻訳が難解とも言われてきた。新訳の訳者・亀山郁夫ドストエフスキー研究の第一人者。自分の課題として引き受けた訳業は、作者の壮絶な「二枚舌」を摘出する。流れ、勢いを損なわない訳は、人物たちが〈立っている〉。主人公アリョーシャが、初めてリアルな人間として描かれ、物語を導いていく

Amazon.co.jp: カラマーゾフの兄弟1: ホーム: ドストエフスキー,亀山 郁夫

評価: stars

評価者: x31hook

評価日付: 2006-09-07

画像(URL):

著者: ドストエフスキー, 亀山 郁夫

出版年月日: 2006-09-07

出版社: 光文社

ASIN: 4334751067


  generated by feedpath