読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

x31hook's blog

何の考えもなくフリッカーアカウントを削除したせいで古い記事の写真がありません。あしからず。

キンドルを買った

12月にキンドルを購入してもう1か月。目的が読書オンリーなのでpaperwhiteのwifiモデルにした。
本好きとしては、電子書籍なんていらないとずっと思っていた。でも物理的に自分が所有できる本のキャパシティが限られてる為、本を整理しているうちに、ちょっと考えが変わってきた。
どうせ手放すものだったら物として所有せずに電子書籍でもいいのではないか、と。だから逆説的ではあるけれどほぼ同時期に「エコー・メイカー」を買った。キンドルが7,980円なのに、この本は4,200円もする。高すぎて手が出なかったが、あるところで薦められていてどうしても読みたかったのと、立ち読みして冒頭ですでに引き込まれる感があったので一回呑みに行くのをあきらめて購入した。

キンドルは思っていたよりも小さく、薄く、軽い。そして何より読みやすい。e-inkってすげえなと思う。暗い所でも読めるし、電車通勤でも片手で読めるのでありがたい。そうそう、電車通勤で読みやすいっていうのもキンドルを買おうとした大きな理由だった。ハードカバーは電車で読むにはどうしても大きく、重い。

今はちょうど家では「エコー・メイカー」を読み、キンドルでは「解錠師」を読んでいる。どちらも面白い。普段あまり海外小説は読まないのだが、引き込まれている。通勤時は金庫破り、夜はネブラスカでカプグラ症候群の弟を見舞い、混乱しそうになりつつ楽しんでいる。

キンドルではもうすでに3冊本を読んだ。島田荘司「透明人間の納屋」、深水黎一郎「ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ!」、竹本健治「狂い壁 狂い窓 綾辻・有栖川復刊セレクション」。島田荘司はさすがな感じで(まあ後半の展開はえええっと思ったけども)ウルチモ・トルッコはずっと気になっていたので読んだけどううむ・・・竹本健治は相変わらずでどろどろとしてて楽しく読了。手袋していても使えるし(この辺はきちんと調べてないのでよくわからず。少なくとも自分は皮手袋したままページ送りできる。)買ってよかったなあと思う。ただまあ本を家人と共有できない(そりゃ物理的に無理だけど)のが残念なのと、どれもこれもが電子書籍になってるわけではないので紙でしか読めない本も多いのが少々あれかなー。気になる本はキンドル化リクエストを細々としているので、さらなるコンテンツの拡充を望む。

先日、ジョセフ・ゴードン=レビットが好きなのと、予告がおもしろそうだったので、映画「ルーパー」を見てきた。前知識ほぼ0で見たが、なかなか面白かった。そしてこの映画に関してはネタバレを機にしちゃうから何も書けないなと思った。ただどうしても言いたいのは、ラストシーン、あれ解釈の仕方によっては○○は○○してないよなーと思って、これを誰かに言いたいのだが見た人が周りにいないので言えない。一人で映画を見に行ったときはいつも思うが、同じように一人で来ている人と感想を言い合うことができたらいいのに。まあ見解の相違とかで揉めるかもしれないけど。

今更こんなこと書くのはあれだが、昨年は結構いい映画を劇場で見ることができてよかったなと思う。わざわざ平日仕事終わりに大阪まで見に行った「ホーボーウィズショットガン」、どうしてもアイマックスで見たくなって2回目を箕面まで見に行った「ダークナイトライジング」、全編緊張感でしびれっぱなしだった「アルゴ」、何とも言えない気持ちになった「ドライヴ」、そして年末あまり期待せずに見に行って打ちのめされて帰ってきた「スカイフォール」。

今年はまずは何をおいても「DJANGO〜繋がれざる者〜」が待ち遠しい。今年もどうか面白い映画がたくさん見られますように。そして良い本に出会えますように。